脳出血後遺症について

脳出血は脳神経疾患のひとつで、高齢者で介護が必要になる人の多くが脳血管疾患を患っています。重大な後遺症を残しやすい脳出血を予防することで、脳卒中による死亡者を減らすことができます。

介護負担を減少させることができるため、社会的な意義も大きいです。脳出血の約7割を占めるのが高血圧性脳内出血で、血圧が大きく関与しています。

動脈硬化が起こっている細い血管に高い血圧がかかると、動脈が破裂し出血します。

日中活動しているときに起こりやすく、症状は発症する部位や出血の大きさで決まります。

頭痛や意識障害、痙攣などの症状が出る人もいます。

脳出血後遺症は早めの検査が必要

脳出血後遺症を防ぐためにも、早めの検査が必要になります。脳内出血は少量であれば様子を見ますが、大型の脳出血になると頭の中の圧力が上がるため命に関わってきます。

脳出血の原因で最も多いのは高血圧なので、まずは血圧を下げることが大切です。直前まで何の症状もなかったのに突然亡くなってしまうのがクモ膜下出血で、年間で約2万人の人が発症しています。脳出血は早期発見で防ぐことが可能です。

脳出血後遺症はみかも訪問治療院へ

みかも訪問治療院では患者さまのお話をじっくり聞かせていただき、一緒に治療方法を決めていきます。患者さまの笑顔の為に、スタッフが一丸となり頑張っていきます。

患者さま一人一人に感謝の気持ちを忘れず心を込めて施術しています。みかも訪問治療院にお気軽にご相談ください。0

みかも訪問治療院へのお問い合わせはこちら